最近のカードローンは、カードがなくてもキャッシングできます。

少し前までは、自動契約機にローンカードを取りに行くか、自宅に郵送してもらうという方法でカードを受け取る必要がありました。
ですが現在は指定口座への振込融資や、アプリローンによりローンカードがなくてもお金を借りることができるのです。

今回はカードがいらないカードレスローンについて詳しくご紹介します。

カードレスローンとは、カードなしでお金を借りる借入方法のこと

冒頭でも紹介したとおり、カードレスローンはローンカードを持ち歩かなくてもお金を借りることができる借入方法です。

カードレスローンの種類は大きく分けて2種類あります。
指定の銀行口座にお金を振り込んでもらう「振込融資」と、スマホの専用アプリを使ってコンビニでお金を借りる「アプリローン」という方法です。

振り込み融資の申し込みは24時間可能

振込融資は審査通過後にカードローンの会員ページから申し込めば、スムーズに振り込んでもらえます。
モアタイムシステムに登録している金融機関同士なら、24時間振り込みが即反映されるので、土日祝日や夜間の申し込みでも不便なく利用できます。

ただし振り込み先の銀行やキャッシング会社のどちらかがモアタイムシステムに登録していなければ、平日の営業時間しか振り込みが反映されないので要注意です。

専用アプリならセブン銀行でいつでもキャッシング可能

大手消費者金融のアイフル、プロミス、レイクALSA、SMBCモビットの4社は、専用アプリをダウンロードすればスマホを使ってセブン銀行ATMからお金を借りることができます。

メンテナンス時を除き基本的には24時間キャッシング可能。
この方法ならわざわざカードを持ち歩く必要がなく、急に現金が必要になったときでも近くのセブン-イレブンでお金を借りることができるため大変便利です。

カードレスローンのメリット4つ

カードローンは便利な反面、カードがあることで不便に感じた点もあると思います。
カードレスになることで解消される点を4つ挙げてみました。

カードを取りに行ったり郵便を待つ手間が省ける

ローンカードの受け取りは、カードローンで面倒な作業のうちのひとつです。

自動契約機に取りに行けば、すぐにお金を借りることができますが、近くに自動契約機がない場合はわざわざ遠くまで出かける必要があります。

取りに行く時間がないという場合や、取りに行くのが面倒という場合はカードを郵送してもらうことができますが、届くまでに数日かかるのが難点です。

カードレスローンならローンカードは一切不要なので、ローンカードを受け取る手間が省けます。

家族や恋人、同僚にバレにくい

ローンカードを郵送してもらう場合は、家族に借金がバレてしまう可能性があります。
とくにしっかり者の奥さんやおかあさんは、目新しい郵便物には敏感ですからすぐにバレてしまうかもしれません。

また財布にローンカードを入れておくことも、周囲にキャッシングがバレる要因となります。

たとえば同じローン会社を利用している人は、あなたの財布からローンカードがチラっと見えたら「あ、この人カードローンを利用しているな」とすぐに気づくことでしょう。

カードをわざわざ持ち歩かなくてもキャッシングできる

カードローンでお金を借りようとATMに行ったはいいものの、「財布にローンカードが入っていなかった!」なんてことがありませんか?

周りの人にバレないように、ローンカードは必要なときだけ持ち歩くようにしていると、いざ必要なときに入れ忘れることがあります。

まだ家に忘れるくらいならいいですが、もしうっかりカードを無くしてしまったら大変です。

カードレスローンはカード不要でキャッシングできるので、ローンカードを忘れたり、無くす心配もありません。
また、お財布の中はできるだけスッキリさせておきたいという方にも、カードレスローンがオススメです。

カードローンの使いすぎ防止になる

一般的なカードローンの借り方は、ローンカードをATMのカード挿入口に入れて必要な金額を入力し、現金を引き出します。
この流れは、銀行口座から自分の預金を引き出すときと同じ動作です。

なのでローンカードでお金を引き出すと、お金を借りているというよりはまるで自分の銀行口座からお金を引き出しているような感覚になるといいます。

この感覚はとても危険で、お金を必要以上にどんどん借りてしまう恐れがあるのです。

カードレスローンは振込融資を申し込んだり、ATMとスマートフォンのアプリを操作する必要があり、銀行口座から預金を引き出すのとまた違う感覚なので、使いすぎ防止になると考えられます。

お金を借りるのにオススメのカードレスローン4社

便利なカードレスローンでお金を借りることができるカードローンを4社ご紹介します。
これから紹介する4社は、振込融資はもちろんのことアプリを使ってのキャッシングもできるカードローンです。

それぞれのカードローンで特徴があるので、あなたに一番合ったところを選ぶといいでしょう。

コンビニATM手数料が無料のレイクALSA

レイクALSAは専用アプリを使ったキャッシングに対応。
さらにセブン銀行ATMの利用手数料は深夜でも無料なので、現金が必要なときにいつでも手数料無料でお金を借りることができます。

またはじめて申し込んだ方は30日の無利息キャッシングも可能なので、利息やATM手数料をできるだけ抑えたい方はレイクALSAが断然オススメです。

電話での在籍確認が不要にできるSMBCモビット

SMBCモビットも、アプリを使ってセブン銀行ATMからお金を借りることができます。
さらにSMBCモビットのいい点は、次の2つの条件を両方満たしている場合、それだけで在籍確認が完了するという点です。

  1. .三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方
  2. .全国健康保険協会発行の保険証(社会保険)、もしくは組合保険証をお持ちの方

会社の同僚にキャッシングがバレたくないという方はSMBCモビットがオススメです。

ポイントをためれば無利息期間が再度つかえるプロミス

カードレスローンのなかで唯一ポイント制度があるのが、プロミスです。
初回登録や会員ページのログイン、プロミスからのお知らせをチェックすることでポイントがたまります。

たまったポイントを使うと提携ATMの利用手数料が無料になったり、初回申し込みの方限定の無利息期間が再度適応されたりと特典があるのです。

長期の返済や定期的な利用をお考えの方は、プロミスを検討されるといいでしょう。

他社より審査に通りやすい?アイフル

アイフルもアプリを使ったキャッシングに対応しています。

アイフルは上記3社のような特別なポイントはありませんが、唯一銀行の資本が入っていない消費者金融とあって審査に通りやすいのではないかとウワサされているカードローンです。

実際にアイフルの利用者は所得が低めの若者が多く、アルバイトや派遣社員でも一定の収入があれば積極的に融資をしているようです。

はじめてカードローンを利用するという方は、まずアイフルから申し込んでみてもいいかもしれません。

カードレスローンを使うときの注意点

大変便利なカードレスローンですが、利用するにあたって注意したい点が3つあります。 

セブン銀行ATMを除くコンビニATMが使えない

アプリを使ってのキャッシングは、セブン銀行ATMのみ対応しています。

その他のコンビニATMでは、ローンカードがないとお金を借りることができないので近くにセブン-イレブンがない人は少々不便かもしれません。

また振込融資もスマホひとつで可能ですが、現金が必要な人は振込融資をしてもらったあと、ATMから現金を引き出さないといけないので、不便に感じる人もいるでしょう。

ローンカードに慣れている人や、どこでもお金を借りられるようにしておきたいという方は従来のカードローンがオススメです。

振込融資は銀行がモアタイムシステムに加入していないと不便

「振込融資は午後2時までに申し込んだら当日融資ができる。」というのが最近までの常識でしたが、最近は各金融機関でモアタイムシステムが導入され、加入企業同士なら24時間いつでも送金と着金が可能となりました。

つまり土日や夜間に振込融資を申し込んでも、翌営業日を待つことなくすぐに融資が可能になったということです。

ただしみずほ銀行などまだ加入していない金融機関もあります。
加入していなければ着金は従来どおり翌営業日になるので、不便に感じるでしょう。

振込融資は銀行口座に履歴が残る

振込融資をすれば、そのときは誰にも気づかれることなくお金を借りることができます。
ですがもし何かのきっかけで家族に通帳を確認されたら、記録が残っていますのでカードローンでお金を借りたことがバレてしまうかもしれません。

証拠を残すことなくお金を借りるなら、アプリでのキャッシングをオススメします。
利用明細票は発行されますが、その場で捨ててしまえばOKです。
通帳記入はないので、利用履歴を見られる心配もないでしょう。

【まとめ】カードレスローンはアプリでのキャッシングが早くて便利

カードローンでもっとも早く現金を借りる方法は、web申し込みでカードレスを希望し、審査に通ったらスマホのアプリをダウンロードして、近くのセブン銀行ATMからお金を借りるという手順です。

アプリを使ったキャッシングサービスはレイクALSA、SMBCモビット、プロミス、アイフルが提供しています。
一番のオススメは利用手数料が無料で、2つの無利息期間が選べるレイクALSAです。

ページの先頭へ